« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月30日 (水)

紙芝居講座

今日はわたしが所属する紙芝居一座主催の「紙芝居講座」に参加してきました。

講師は、絵本・紙芝居の出版社として有名な童心社のOB。

80代の大ベテランですが、「先生」と言われるのは苦手だそうで、「さん」付けで呼ばれていました。

今までに何度か実演を拝見したことがありますが、「これって上手なの?」といいたくなる不思議な雰囲気。

なのに、いつのまにかワールドに引き込まれてしまう・・・という、ある意味「神shine」なお方なのですよ。

今日も紙芝居の歴史や変遷などの話の後に、実演があったのですが、うっすら秋田訛りの語り口がなんとも心地よく、なんだか映画やドラマを見た後のような充足感と紙芝居独特の余韻が残って、心から拍手をしていました。

「キャスティング、演出、監督、役者・・・全部自分でやるんだから。これだから紙芝居っての言うのは面白いんだ。」

そんな講師の言葉に、紙芝居の楽しさと奥深さを思い知らされ、早く実演したい!!と思いました。

さて。

今回の講座は、原則として大人のみだったので、10ヶ月になったばかりの娘は、託児のお世話に。

担当は社協の保育ボランティアさん。

初めての本格的な母子分離。

正直、とっても不安でしたが、意外とすんなり離れて拍子抜けcoldsweats02

講座中も、廊下から泣き声が聞こえると、呼び出されるんじゃないかとソワソワしましたが、結局最後まで聞くことができました。

終了後、託児の部屋に迎えに行くと、座布団の上にコロンと寝かされている娘の姿がsmile

「1人でよく遊びましたよ。寝る前はちょっと泣いたけど、本当に手がかからなくて、ママはラクチンね~。」

と、ボランティアさん。

ふぅ~catfaceよかった。

2人目って、女の子って、本当にラクですね。

上の子が男の子の中でも元気で手がかかるうえに、ハイレベルな「おっぱい星人」でしたからねぇ~。

今のところ性格真逆な2人ですが、お互いがお互いを大好きで、喜んで遊んでくれてます。

いつか立場逆転するんだろうか??

それって、手作り紙芝居の題材になりそう??

子育てしてるとできないこともたくさんあるけれど、できること、わかることもたくさんあるんだなぁ~と思いました。

とりあえず、2人のために家庭で紙芝居劇場を開催してみますかね~wink

| | コメント (2)

2013年10月25日 (金)

ハロウィンレッスン@リトミック

今日はリトミックのハロウィンレッスンに参加しました。

5歳でリトミックをやっていると話すと、「え~!まだやってるんだ~!」と驚かれることがあります。

もちろん、年齢に応じてレッスン内容がレベルアップしますし、何よりも本人が意志を持って取り組めるようになります。

先生が、運筆や音符(リズム)を間接的・直接的に指導してくださるので、息子も知らず知らずのうちにいろんなことを学び身につけているような気がします。

普段は個人レッスンなのですが、今日は1つ下の学年の子と一緒だったので、いつもに増して「おにいさん」らしく振舞っていました。

レッスンは、ハロウィンにちなんだ内容。

Dsc01333_r 絵本もハロウィンらしく、魔女のおはなしでした。(一応見ている娘・笑)

Dsc01335_r 一応、タンバリンを持っている娘。

いつものように音楽に合わせて体を動かしたり、製作などを楽しみました。

久しぶりに息子がレッスンを受ける様子を見ました。年中さんともなると、動きもダイナミックになり、反応も速く機敏です。成長を感じますね~catface

最後にトリックorトリートで先生手作りのクッキーを頂いて、息子は大喜びでした。

帰りに、おはなしボランティアのお仲間まあちゃんの書道展に立ち寄り、らくがきコーナーで、

Dsc01339_r_r お習字を教えていただきました。

1年ぶりのお習字に、ものすごい集中力で取り組んでいた息子。

上手下手は関係なく、いろいろなことに興味を持ってチャレンジすることが大事!!と思っているわたしです。

| | コメント (0)

2013年10月19日 (土)

ハロウィンプログラム@国際交流協会

今日は、近くの小学校で行われた「ハロウィンプログラム」に行ってきました。

本来は小学生がメインだそうですが、今回は他の行事なども重なり、参加者が少ないということで、未就学児も参加できることになり、いつもお世話になっている「紙芝居けいちゃん」のお誘いで参加することになりました。

内容は、仮装コンテスト、

Dsc01280_r ジャックオーランタン作りのデモンストレーション、

Dsc01291_r トリックORトリート、紙芝居、お化け屋敷、ゲーム・・・と盛りだくさん!

国際交流協会の会員さんだけでなく、留学生や英語助手教員も加わり、進行も英語中心で、ちょっとインターナショナルな雰囲気でしたshine

それでも息子は、わたしが離れていても全然平気で、司会の人の声に耳を傾け、とても喜んで参加していました。

「モンスターダンスゲーム」というゴー・ストップを取り入れたゲームでは、最後まで生き残りました。リトミックで鍛えた成果??

Dsc01300_r_r

まだあまり「恥ずかしさ」がない息子は、みんなの前でも大きな声で名前を言ったり、ポーズをとったり・・・。

仮装コンテストでは、何に変身したのか聞かれて大きな声で「海賊!」と叫んでいました。

海賊の格好をしたアメリカ人の先生に「Me Too!」と言われてましたが、完全スルーしてましたけどcoldsweats01

そしてなんと、そのコンテストでは特別賞をいただきました。

Dsc01311_r_r

ちなみに(左から)1位おばけ、2位プリンセス、3位からかさおばけ。

生まれて初めての表彰に大興奮の息子でした。

そうそう。

娘はといえば、始まる前からずっと眠っていて、最後の写真撮影タイムには目覚めるという、理想的な状態。

一応、仮装していきましたcatface

Dsc01316_r

歩けるようになったら、もっといろんなことが楽しめるなぁ~と、今からワクワクheart02・・・してるのは、わたしだけですけど。

娘は内心、「下の子は、いろんなところに引っ張り回されて大変よsweat01」って思ってるかもしれませんねsmile

楽しいひとときでした。

| | コメント (0)

2013年10月 8日 (火)

運動会!!

息子の運動会が終わりました。

息子が通うのは、特に「目玉」となるような特色のない幼稚園。(わたしは、そこがよくて選んだのですが)

運動会も「遊びのひとつ」という感じで、生活の中で、また、毎日の積み重ねの通過点として、ゆった~り取り組んでいたのだな・・・と推察できます。

年長さんはリレーがあったのですが、結果発表の時、5クラス中5位になったクラスも「わ~い!!」と喜んでいましたhappy01

わたしが勤めていた園では、2位以下のクラスはガックリうなだれ、悔しさを全身で表していました。

それぞれが「いいねgood」です。

うちの息子は、まだ年中なので自分たちで作ったおみこしをバトンにする「おみこしリレー」をしました。

Dsc02582_r

息子のクラスは1位になれませんでした。

息子は、

「あ~、あの技を使えばよかった・・・shock」と、ポツリ。

「あの技」って・・・coldsweats01

そうそう。

昨日はこんなことを言っていました。

「スゴイ発見したんだ!目のココ(目尻)を横にスライドさせると、コピーできるんだ。」

って、それ、ものがダブって見えてるだけですからpaper

Dsc02546_r

親子ダンスの退場は、抱っこheart04

息子を抱っこして歩くなんて・・・かなり、久しぶりです。

重くなったなぁ。

彼、もう21㎏です。

娘は、慣れない授乳ストールにご機嫌ななめで、あんまり飲みませんでしたsweat02

初めてストローで麦茶を飲みました。結構飲めるものですね。

その結果わたしは、溜まり乳で、叶姉妹寸前状態。イテテテテ・・・bearing

ばばちゃま&ばぁばは、祖父母競技の玉入れ、

パパは父母競技の綱引き、

わたしは縄跳びリレーに参加しました。

楽しい思い出ができました。

| | コメント (2)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »