2007年12月 5日 (水)

ささった→(^^)

最近、「ささる」という言葉をよく耳にします。

恋愛などにおいて、心に矢が刺さる・・・つまり、昔で言う「胸キュン」というやつでしょうか。

(・・・どうでもいいけど、「胸キュン」なんて言葉を使うのは初めてかも。なんか恥ずかしい!!)

で、今日みったんも「ささる」ことがありました。

それは、キン肉マンのキン肉まん発売というニュース。

実は、キン肉マンの中華まん発売構想は、すでに高校生のみったんの頭の中にありました。

といっても、友人との会話の中でメチャメチャ盛り上がったというだけなんですけど。

中でも、ラーメンマンのラーメンまんは是非作って欲しいものだと思ったものでした。(こちらの発売は未定みたいですが・・・)

それが、今になって山崎製パンから発売になるとは!!

詳細はコチラ

みったんは、このニュースを見つけたとき、思わず「おぉ~!!」と叫んでしまいました。

でも、記事を読んでみると、

「ターゲットは30~40代の男性」とあるではないかー!!

確実に女子にもささりますよ~。(注:みったんは、別にヲタではないです・汗)

ちなみに、キン肉まんは牛丼の具入り。

テリーまんは、テリヤキハンバーグ入りだそうです。(・・・でも、テリヤキって日本のものですよね!?)

バッファローまんには、おいしいお肉が入っていそう。

カナディアンまんは、メープル味かな?

ブラックホールまんは、中が空洞だったりして!?

なんか、楽しいですね!!

今度見つけたら、絶対に買ってみようと思います♪

| | コメント (2)

2007年1月30日 (火)

不愉快極まりない!!

連日ニュースを賑わせている「機械」発言。

見るたび、聞くたびに、本当に腹が立ちます。

厚生労働大臣ともあろう人が言う言葉ではありません。女性は、子どもを産むのが役目、子どもを産むのは、国のためという考え方がおかしいです。

しかも、女性を完全に男性とは違う人間以下のモノとして蔑視しているところが最低です。

産むか産まないかは個人の自由じゃないか!!

戦争中じゃあるまいし、たくさん子どもを産むのを奨励しないで欲しい。

もちろん、少子化を食い止めるには、子どもを増やす必要があることは誰でもわかっています。

しかし、産科医不足や保育環境の不備で産みたくても産めなかったり、経済的、社会的に産むのが不安だったりと個人では解決できない大きな問題があります。これは、国の責任です。

不妊に悩んでいる夫婦がどれだけ世の中に存在するか、わかっていないのでしょうか?

こういう諸問題を解決していくのが、大臣の仕事だろうがっ!!と思います。

この発言自体かなりおかしいのですが、この発言をした集会の現場で異議も訂正も行われなかったと知り、とても驚きました。出席者の一人は、「努力すれば状況は良くなると、女性を励ます趣旨と受け取った。」と話した(1/28 朝日新聞より)ということです。

「努力」って何なのさ!?

そして、この件に関して、辞任請求をしているのは女性議員が主体。やはり、男性議員は柳沢大臣と同じ見解なんでしょうか?

きっとご本人は、どうしてこんなに事が大きくなっているのか理解できないんだろうな。

「ヒステリックだ。」とか言っているに違いない。

そういうあなたもヒステリー(子宮)から生まれてきたのにさっ!

いつもは不祥事が起きても辞めて済む問題ではないと思っていますが、今回は明らかに大臣として不適格なので、早々に辞任していただきたいと思います。

| | コメント (4)

2006年7月18日 (火)

2007年問題

今朝の「とくダネ!」で、2007年問題を取り上げていました。

技術者の退職にともなう問題についてでした。

大企業の工場などは、すべて機械化されていて電子制御されているものと思っていましたが、機械の設定の仕方やボタンの押し方などは長年の経験や勘によるものだそうで、若い世代がなかなか育たないということでした。

教える側は「目見当やカンとしかいいようがないものを教えられない。」という意見です。ご本人も先輩のやり方を目で盗んで技術を身につけたのでしょうから、教えるのが難しいというのも理解できますね。まさに職人の世界。

教わる側も経験を積まないと身につけられないことを来年までに体得するというのは、とても難しいことです。

また、若い人には「イヤになったら辞める」という風潮があります。

リストラなどにより、中堅層がスッポリ抜けているというのも問題のようです。

やはり、ずっとずっと先のことまでよく考えないといけませんね。

わたしの学生時代も団塊ジュニア世代、少子化により、教員採用試験の募集人数は「若干名」でした。その上、バブル後だったので、就職氷河期といわれていました。

今になって、慌てて採用人数を増やして、「質より量」的な現象が教育界にはびこるのはなんだか悲しいような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

割り箸論争

今日のスーパーニュースで「割り箸」を取り上げていました。

中国が値上げを宣告してきたことに関連して、「MY箸」の持参について報じていました。

一部の飲食店では、「MY箸」を持参した人にスタンプカードを発行し、10点集めると500円の割引特典が得られるサービスを行っているそうです。

また、おしゃれなお店では、ちゃんとしたお箸を出してくれたりもしますよね。

割り箸論争は、以前からありました。

間伐材を使うので自然環境には影響がないとか、衛生を保つために防腐剤などが使われているとか・・・。割り箸そのものがゴミとなってしまうことも問題点の一つです。

さすがにわたしも「MY箸」は持参していません。

ナイフやフォーク、スプーンは使い回しが当たり前なのに、箸だけはなぜか使い捨てですね。なんだか不思議です。

繰り返しの使用や熱処理に耐えられないのかもしれませんが、素材を工夫すればなんとかなりそう・・・と素人は思ってしまいます。

「使い捨ての時代は終わりました」

と、何かのCMで吉永小百合さんが言っていました。

まさに、その通りだと思います。

でも、残念ながら使い捨てを容認する社会は続いています。

便利さの裏で失われていくものの存在を意識して生活したいものです。

もったいない=かっこいいという価値観を持つのはなかなか難しいけれど、

おしゃれな箸を持ち歩くのは、結構簡単かも?

「喰いタン」のように、内ポケットからシャキーンと箸を出すことが当たり前の世の中になったら・・・

ちょっと笑える(^ー^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

牛乳を飲もう!!

今日4月9日の朝日新聞朝刊に「牛乳離れ 廃業に泣く酪農家」という記事を見つけました。

近年のダイエットブーム、少子化、飲料の多様化に伴い牛乳の消費量が著しく低下し、余った牛乳を廃棄処分にせざるを得ない・・・という悲しい内容でした。

牛は工場ではなく、生き物ですから、牛乳の消費量が減っているからと言って搾乳をやめるわけにはいきません。せっかく育てた牛のお乳をゴミのように処分しなければならない酪農家の方々の気持ちを考えるととても胸が痛みます。

考えてみれば、牛乳は1リットルパック200円前後です。特売などでは150円ほどで売られています。お水より安いこともあります。

それでも売れない現状・・・。

我が家では1週間に2リットル以上の牛乳を飲んでいます。そのままはもちろん、朝食のシリアルにかけたり、カフェオレにしたり、ヨーグルトを作ったりと食卓には欠かせない存在ですので、牛乳離れの世の中が信じられません。

また、朝食をとらない人が多くなったことや外食が増えたことが牛乳を飲む機会そのものを減らしているようです。ちなみに毎日牛乳を飲む人の割合は4割以下だそうです。

確かに脂肪分が多く、お茶などに比べるとカロリーが高いことは事実ですが、その分カルシウムやたんぱく質などの栄養も豊富です。牛乳を飲まなくても他の食事でその栄養が補えるようになったとも考えられますが、その反面サプリメントに頼る人もたくさんいます。

わたしは給食の牛乳が苦手でした。理由は・・・

飲んでいる途中で笑って牛乳を噴き出す心配があったから!!

紙パック&ストローになってからは、その心配は大幅に減ったものの、常に鼻の具合が悪かったわたしは、鼻水を噴き出してしまうという問題もあり、毎日持ち帰ってお風呂上りに飲んでいました。

昔も今も牛乳は好きな飲み物のひとつです。牛乳だけでなく、アイスクリームやチーズ、ヨーグルトも大好きです。

ダイエットを考えると低脂肪乳を選びたくなりますが、乳脂肪分3.7以上の成分無調整牛乳の方がコクがあって断然おいしいですね。

わたしのような牛乳好きのためにも、全国の酪農家の皆様には頑張っていただきたいです。

「発掘!あるある大辞典Ⅱ」や「おもいっきりテレビ」で牛乳の健康効果が放送されれば、爆発的に消費が増えそうですが・・・(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月31日 (月)

たばこ自販機に成人識別機能!!

常々、みったんは疑問に思っていました。

なぜ、たばこの自動販売機なんてあるんだ!?

未成年も買い放題じゃ~ん!!と。

コンビニでは、未成年と思われる人にたばこを売ってはいけないので、

怪しい人には身分証明書を提示してもらうことになっています。

でも、最近の子たちは、若いのに薄汚いし、化粧濃いし、

すぐキレそうだし、声かけるの怖いです。

それに、18,19,20歳の差なんて、全然わからないですよ。

でも、売るとオーナーの責任が問われるというので、

一応確認みたいなことはしてます。

でも、コンビニで販売を拒否されても自販機でリトライできてしまうのは、

どう考えてもおかしい!!

で、登場したのが、専用ICカードです。

これには、みったん大賛成!!

できれば、店頭で買うときにもそのカードを使えるようにして欲しいものです。

そうすれば、勇気をふりしぼって、年齢確認をする店員の寿命が延びるでしょう。

買う種類の情報とかも入ってれば、お店の端末にかざすだけで、

レジ画面に銘柄が出てきたりしたら、すごく便利だと思います。

私の偏見かもしれないけど、

たばこ買う人って横柄な人が多い気がするんです。

ぼそぼそっと、

マルメンライト

とか言われても、わかんないっつうの!!

関西人なんて、

「まるくれや~。」

とか言うんですよ。

聞き返すと

「こっちじゃ“まる”って言わんのかい??」

ときたもんだ。

(#゚Д゚)言わね~よ!!

なぁ~んて、言えるわけありません。

まあ、一部の人だとは思いますが。

人の空気を平気で汚すような人に、

他人を思いやる余裕がないのは当たり前ですね。

あ~あ。

この際、たばこ全面禁止にならないかなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月30日 (金)

お名前ランキング

毎年恒例、赤ちゃんの名前ランキングが発表されました。

男の子の1位は「颯太」、女の子は「陽菜」だそうです。

http://shop.benesse.ne.jp/hakase/sitemap/namae.html

本当に最近の名前は、洒落てますよね。

一歩間違うとヤンキー風ですが・・・(笑)

みったんが幼稚園の先生をしていた頃も

「えっ?なんて読むの??」みたいな当て字系やら、

読ませ系、外人系やらが結構いました。

あと、「子」がつく名前がすっごく少ないんです。

時代を感じますな。

どんな名前でもご両親が考えに考えてつけてくれたのだと思うと

なんだかジ~ンとしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)